一般財団法人 蕨市施設管理公社 http://warabi-fmpc.or.jp/

わらびクラシックフェスタ vol.6 ニューイヤーオペラガラコンサート

11/7~チケット発売
蕨在住アーティストによるクラシックコンサート第6弾 

プログラム

  • J.シュトラウスⅡ:『こうもり』より「序曲」・アリア「故郷の調べよ」
  • G.ヴェルディ:『マクベス』よりアリア「気をつけるのだ~何という陰鬱な空か」
  • G.ビゼー:『カルメン』より「間奏曲」
  • G.ヴェルディ:『リゴレット』よりアリア「慕わしきお名前」
  • G.ドニゼッティ:『ランメルモールのルチア』より二重唱「近くへ、ルチア」
  • G.ロッシーニ:『セビリアの理髪師』より「序曲」・アリア「私は町の何でも屋」他

※都合により変更となる場合がございます

詳細

開催日時

平成27年1月25日(日) 開場13:30 開演14:00

チケット

1,000円(全席自由)

チケットのお求め

  • 蕨市民会館 048-445-7660
  • 蕨市立文化ホールくるる 048-446-8311
  • 下田屋(北町) 048-443-3737
  • 魚亀(錦町) 048-443-6830
  • 車貴仙(中央) 048-431-5631
  • 関口商店(塚越) 048-442-0867
  • 根岸クリーニング(南町) 048-442-4910

場所

蕨市民会館コンクレレホール

主催

蕨市民会館

共催

蕨市

お問い合わせ

蕨市民会館 048-445-7660

関連ファイル

チラシ

出演

安齋里江 Satoe Anzai [ソプラノ] 中央

福島県須賀川市出身。東京音楽大学声楽演奏家コースを首席で卒業。在学中、特待奨学生となる。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程卒業。現在、サントリーホールオペラアカデミー研修生。紅林美枝、平野忠彦、篠崎義昭、緑川まり、寺谷千枝子の各氏に師事。第61、63回全日本学生音楽コンクール声楽部門東京大会本選大学・一般の部入選。第80回読売新人演奏会出演。蕨市音楽家協会会員。

西森由美 Yumi Nishimori [ソプラノ] 塚越

東京藝術大学卒業。二期会オペラスタジオ、(修了時に最優秀賞受賞)文化庁オペラ研修所終了。《フィガロの結婚》伯爵夫人、《魔笛》パミーナ、《ドン・ジョヴァンニ》ドンナ・アンナ、《カルメン》ミカエラ等多数に出演。清潔で美しい声で多彩な役柄を見事に演じ分け絶賛を博した。他方、コンサートで《第9》《メサイア》《天地創造》をはじめモーツァルト・ハイドン・フォーレ等のミサ曲のソリストとして演奏。高い評価を得ている。蕨ではくるるオープン記念公演、下蕨・東公民館等で演奏。女性合唱団「合歓」ヴォイストレーナー。二期会会員。蕨市音楽家協会会員。

山舘昌代 Masayo Yamadate [ソプラノ・コーディネート] 北町

武蔵野音楽大学卒業。ローマにて研鑽。第20回日伊声楽コンコルソ入賞。イタリアにてマリオ・デル・モナコ国際声楽コンクール入賞。藤原歌劇団をはじめ、新国立歌劇場、日本オペラ協会、埼玉オペラ協会、各地の市民オペラなどで数多くのオペラに出演。華やかな舞台姿と優れた音楽性に裏打ちされた演技には定評がある。ベートーヴェン《第9》モーツァルト《レクイエム》ヘンデル《メサイア》などのソロを務める。「わらびクラシックフェスタ」の企画を担当し、クラシック音楽の普及にも力を注いでいる。藤原歌劇団正団員。蕨市音楽家協会会員。

野村光洋 Mitsuhiro Nomura [バリトン] 中央

国立音楽大学声楽専攻卒。東京藝術大学別科声楽専修修了。同大学院声楽専攻独唱科修了。二期会オペラ研修所第修了。声楽を福島明也、坂口卓也、田口興輔各氏に師事。近年の出演オペラ作品として《ボエーム》ショナール、《フィガロの結婚》アルマヴィーヴァ伯爵、《愛の妙薬》ベルコーレ、《ドン・パスクアーレ》マラテスタ等がある。二期会公演では《スペイン時間》《子供と魔法》に雄猫/柱時計役、《ドン・カルロ》6人の代議士等がある。二期会会員。蕨市音楽家協会会員。

高橋雄一郎 Yuichiro Takahashi [バス] 塚越

蕨市出身。桐朋学園大学トロンボーン科を経て、声楽を志す。二期会オペラ研修所第53期修了。これまでに《フィガロの結婚》バルトロ、《リゴレット》スパラフチーレ、《ラ・ボエーム》コルリーネ、《蝶々夫人》ボンゾ等を歌い演じている。また、地元蕨でも市民会館・公民館での主催コンサート等に精力的に出演し、好評を博している。現在、蕨少年少女合唱団指導者。二期会準会員。蕨市音楽家協会会員。

前田 有文子 Yufuko Maeda [フルート] 塚越

武蔵野音楽大学卒業後、パリ市立音楽院留学。審査員満場一致の一等賞を得て卒業。プラハの春国際音楽コンクールにてディプロマ賞を受賞。東京フルートアンサンブルアカデミーメンバー。同アンサンブルの海外公演やCD制作に参加。オーケストラやソロ活動の他に生涯学習やリハビリとしてフルートを楽しむ人たちにも指導を行っている。埼玉県音楽家協会会員。蕨市音楽家協会会員。

鈴木宏子 Hiroko Suzuki [オーボエ]

桐朋学園大学音楽学部を経て、パリ・エコール・ノルマル音楽院を卒業。ソリストコースを修了しフランス国家演奏家資格を取得。1989年U.F.A.M.国際コンクール室内楽部門第2位受賞。2014年日本管打楽器ジュニアコンクールに於いて審査員を務める。あらゆるジャンルの音楽活動を展開し、グローバルな音楽親善活動に携わる。日本オーボエ協会理事。

尾崎めぐみ Megumi Ozaki [クラリネット] 北町

中学校の吹奏楽部にてクラリネットを始める。東京藝術大学卒業。
1997年第3回ベストプレイヤーズコンテスト管打楽器部門優秀賞。第2回JIRA音楽コンクール第2位。2005年ルーマニアコンクールにて室内楽部門第1位およびルーマニア大使館賞受賞。2008年大阪国際室内楽フェスタ、セミファイナリスト。現在東京セレーノクラリネットオーケストラ、TADウィンドシンフォニー、SPICY4、バスクラリネットアンサンブル「木炭」のメンバー。蕨市音楽家協会会員。

瀧田奈々子 Nanako Takita [クラリネット] 錦町

蕨市立第二中出身。武蔵野音楽大学卒業。陸上自衛隊入隊。中部方面音楽隊クラリネット奏者として配属中ソリスト、室内楽など多数出演。退職後渡独。ダルムシュタット音楽アカデミー教授などレッスンを受ける。2005年全日本ソリストコンテスト室内楽部門優秀賞。クラリネットを兼氏康雄、三界秀実、谷尻忍、西尾郁子各氏に師事。埼玉県音楽家協会、埼玉新演奏家連盟会員。現在、学校鑑賞教室の活動の他、室内楽を中心に、吹奏楽、ソロなどで活動中。後進の指導にも力を入れる。蕨市音楽家協会会員。

松崎義一郎 Yoshiichiro Matsuzaki [ファゴット] 塚越

東京出身、大阪芸術大学卒業後、桐朋学園にオ-ケストラ研究生として入学。米国フィラデルフィア音楽院、ニュ-イングランド音楽院大学院留学。日本ファゴット協会理事。埼玉県音楽家協会会員。蕨市音楽家協会会長。http://www.bassoonforyou.com/

小林瑞希 Mizuki Kobayashi [サクソフォーン] 中央

県立蕨高等学校卒業。洗足学園音楽大学卒業。在学時は毎年特別選抜演奏者に選ばれ、前田記念奨学金も2度授与される。オーディションで選出されたソリストによる「管弦打コンチェルトの夕べ」に出演し、秋山和慶氏指揮による洗足学園音楽大学フィルハーモニック管弦楽団と共演。CD制作などにも参加し、様々な演奏活動を行っている。サクソフォーンを二宮和弘、原博巳、山田忠臣の各氏に、室内楽を池上政人、二宮和弘、服部吉之の各氏に師事。蕨市音楽家協会会員。

髙野眞由美 Mayumi Takano [ピアノ] 南町

蕨市立南小、第一中出身。桐朋学園付属高校音楽科及び同大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。岡本美智子氏に師事。卒業後は主に伴奏ピアニスト、オペラの音楽スタッフとして研鑽を重ね、埼玉県音楽家協会、埼玉オペラ協会、オペラ彩、東京都民オペラ、荒川区民オペラなど数多くの団体のピアニストを務め、多くの指揮者、共演者から信頼を得ている。わらび学びあいカレッジ「オペラコーラス」講座及び「わらびオペラ合唱団」講師。下蕨公民館「音楽を広める会」代表。蕨市音楽家協会会員。

山舘冬樹 Fuyuki Yamadate [指揮] 北町

宮城教育大学卒業。東京声専音楽学校(現 昭和音楽大学)オペラ研究科修了。ローマにて研鑽。日本を代表するオペラ指揮者星出豊、ヴェリズモ・オペラ作曲家P.マスカーニの薫陶を受けたG.モレッリの両氏に師事する。マスカーニの傑作《カヴァレリア・ルスティカーナ》をはじめ多くのオペラやコンサートを指揮し好評を博している。現在、(公財)草加市文化協会理事。(公財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部講師。昭和音楽大学短期大学部准教授。蕨市音楽家協会会員。

蕨市民会館

蕨市民会館

TEL・FAX 048-445-7660

〒335-0004 蕨市中央4-21-29

受付:午前9時~午後5時

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)

warabi-kosha@wcv.jp

記念撮影&貸衣装 ご宴会プラン ホワイエ・ライブ

一般財団法人 蕨市施設管理公社
〒335-0004 埼玉県蕨市中央4-21-29 TEL / FAX 048-445-7660(午前9時~午後5時)

Copyright © 2017 Warabi Facilities Management Public Corporation