一般財団法人 蕨市施設管理公社 http://warabi-fmpc.or.jp/

夕ぐれ JAZZ Cocert 至宝のミュージシャンの心温まる音

チケット販売中
わらびにしか聴けない「音」がある―わら音 

2016 9月3日(土)
開場16:30 開演17:00

香川裕史 Special QUARTET featuring 山本剛
Guest vocal 豊田チカ

安保徹[tenor sax]
山本剛[piano]
香川裕史[bass]
大隅寿男[drums]
豊田チカ[vocal]

プログラム

  • Take the A train
  • Misty
  • Caravan
  • 枯葉
  • テネシーワルツ

詳細

会場

蕨市立文化ホールくるる

※JR蕨駅西口より徒歩3分、線路沿い。駐車場はございません。未就学児の入場はご遠慮ください

チケット

全席自由 2,000円

発売日

6月26日

チケット取扱い

くるる窓口・蕨市民会館・銀行振込・郵便振替

主催

蕨市立文化ホールくるる

共催

蕨市・蕨市教育委員会

お問い合わせ

蕨市立文化ホールくるる TEL 048-446-8311

関連ファイル

チラシ

出演

安保徹(あんぼとおる) テナーサックス

1963年5月19日青森県十和田市出身。
1990年、本格的にテナーサックス奏者としてライブスポットでの演奏活動を開始。
1995年、小林陽一(Ds)を中心とした『平成ジャズ維新ジャム』(キングレコード)が結成され、レギュラーメンバーに抜擢される。1997年、右近茂(Ts)とのダブル・テナーサックス・コンボを企画、結成。NHK FM「セッション’97」への出演を果たす。
1998年、ピアニスト太田寛二をリーダーとするユニットが結成され、レギュラーメンバーに抜擢される。
1999年、初リーダーアルバム『I Should Care / Live at “BASH!”』をリリース。
2004年、2ndリーダーアルバム『Misty Night』をリリース。
2006年6月、自身、三作品目となる“Ambo Unit,のファーストアルバム『Determination』をリリース。
2008年12月、<I Should Care / Live at “BASH!”>で未発表の6曲をプラスし、全15曲収録の2枚組コンプリート盤として再編成したアルバム。『LIVE AT BASH AGAIN!』をリリース。
2010年6月、Ambo Unit 2ndアルバム『AMBO UNIT with BOB MOVER』をリリース。

山本剛(やまもとつよし) ピアノ

1948年3月23日、新潟県佐渡郡相川町に生まれる。小学生の頃からピアノを弾き始め、高校生時代、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの生演奏の虜となりジャズ・ピアノを独学で習得する。1967年、日本大学在学中、19才でプロ入り。ミッキー・カーティスのグループを振り出しに英国~欧州各国を楽遊。1974年、レコード・デビュー(「ミッドナイト・シュガー」TBM)。スケールの大きなブルース・フィーリングとスイングするピアノがファンの注目を集め、続く「ミスティ」(TBM)が大ヒット、以後レコード各社より数多くのリーダー・アルバム、共演アルバムを発表、人気ピアニストの地位を確立する。1977年、アメリカ、サンフランシスコ、モンテレー・ジャズ・フェスティヴァル出演。
1979年、スイス、モントルー・ジャズ・フェスティヴァル出演。大好評を得、その後渡米、1年間ニューヨークで音楽活動を行う。帰国後は、六本木のライヴ・ハウス“ミスティー”でハウス・ピアニストとして活動を再開。笠井紀美子、安田南等ヴォーカリスト達と共演する一方、ディジー・ガレスピー、カーメン・マックレイ、サム・ジョーンズetc.多数の本場ミュージシャンと共演。その間、英国のバタシー・パーク・ジャズ・フェスティヴァル、ニューヨーク独立記念日ジャズ・フェスティヴァル、コンコード・ジャズ・フェスティヴァル等に出演。
TV番組「リュウズ・バー」の音楽を担当するなど各方面で活躍。

香川裕史(かがわひろし) ベース

1962年和歌山県生まれ。千葉大学モダンジャズ研究会でコントラバスを始める。在学中より、ジャズドラマーのジョージ大塚氏に師事し、91~96年、ジョージ大塚グループのメンバーとして活動する。ジャズベースを中村照夫氏に師事する。これまで、市川秀男(p)山口真文(ts)辛島文雄(p)中本マリ(vo)向井滋春(tb)大口純一郎(p)
中村誠一(ts)大隅寿男(ds)吉岡秀晃(p)岡安芳明(g)他、多くの一流ミュージシャン達と共演を重ねる。ノーマン・シモンズ(p)、スコット・ハミルトン(ts)、ウォーレン・バシェ(tp)、ハリー・アレン(ts)等とも共演。
ニューヨーク・ブルーノートや、キルギス共和国、南アフリカ、台湾等、海外での演奏経験もある。
尊敬するミュージシャンは、ルイ・アームストロング(tp)、デューク・エリントン(p)、チャーリー・パーカー(as)、ポール・チェンバース(b)等。Swingするストレートアヘッドなジャズを信条としている。
現在、山本剛(p)トリオ、天野昇子(vo)グループ、高内春彦(g)トリオや、自己のグループで活躍中。

大隅寿男(おおすみとしお) ドラムス

福井県芦原温泉出身。明治大学政治経済学部卒。アートブレーキー&ジャズメッセンジャーズの来日公演(1961年)を観て感銘を受け、大学でジャズドラムを始める。
1969年、大学卒業後、プロドラマーとして活動を開始。多くのミュージシャンとの共演で好評を得る。
1978年、大隅寿男トリオを結成。リーダーとして活動を開始。国内外のアーティストと共演、アルバムレコーディングに数多く参加する。また作曲家、宇崎竜童のレコーディングにも参加、共演も多い。
2005年1月、スイングジャーナル誌が主催する、日本ジャズ界に最も貢献した人物に贈られる「第30回南里文雄賞」を受賞する。また、同誌の「日本ジャズメン読者人気投票」では、2006年より4年連続で「ドラム部門」で2位に選出されている。
これまでにポニーキャニオン/M&I MUSICからアルバム「ジュビレーション」(2002年)、「グレートフル」(2003年)、「リジョイス」(2004年)、「オンザロード」(2005年)、「ニューディール」(2007年)を意欲的に発表している。2009年には、音楽生活40周年を迎えた記念盤として「Walk, Don’t Run」を発表。
スイングの明快さ・ビートの切れ味はもちろん、本人の温かい人柄は聴く人に感動を与え、多くの熱い支持を得ている。

豊田チカ(とよだちか) ヴォーカル

1961年東京生まれ。十代でピアノ弾き語りを始め、イラストレーター、DJ等を経て1984年ジャズシーンにデビュー。1992年第六回日本ジャズボーカル賞新人賞受賞。1995年渡米。ニューポート(97),モントレー(2011)ジャズフェスティバル、アポロ劇場のチャリティー、A great night in Harlem(2001,02)などに出演。「チカチャリティー/世界の子ども達のためのコンサート」を主催し、アジア、アフリカなど五カ国の子ども達へのチャリティーを成功させる。2011年4月より一年間、東日本大震災による被災地支援番組「Journey to the future」のDJを務める。2013年、大橋巨泉氏とのデュオアルバム、CD「Dream~巨泉withチカ」をリリース。2013年度、第29回日本ジャズボーカル賞大賞受賞。2014年12月、「豊田チカライヴアットハーモニーホールVol.2」を発表。

蕨市立文化ホール くるる

蕨市立文化ホール くるる

TEL 048-446-8311
FAX 048-446-8312

〒335-0004 蕨市中央1-23-8

午前9時~午後8時

休館日:年末年始(12/29~1/3)

kururu2@warabi.ne.jp

一般財団法人 蕨市施設管理公社
〒335-0004 埼玉県蕨市中央4-21-29 TEL / FAX 048-445-7660(午前9時~午後5時)

Copyright © 2017 Warabi Facilities Management Public Corporation