一般財団法人 蕨市施設管理公社 http://warabi-fmpc.or.jp/

311東日本大震災支援チャリティーコンサート

チケット発売中

春に寄せる~歌の調べ~

詳細

開催日時

2018年3月11日(土)13:30開場 14:00開演

入場料

3,000円(収益のすべてを岩手・宮城・福島各県子ども基金に寄附いたします)

会場

蕨市立文化ホールくるる JR蕨駅西口徒歩3分

主催

311支援チャリティーコンサート実行委員会

共催

蕨市立文化ホールくるる 蕨市中央1-23-8

お問い合わせ

蕨市立文化ホールくるる 048-446-8311
森田 070-6645-0501

関連ファイル

チラシ

出演

岡田 知子 Tomoko OKADA ピアノ

埼玉県蕨市出身。東京芸術大学、デトモルト音楽大学卒業。ピアノを故・永井進、小林道夫、シルデ・シュヌア、室内楽伴奏法をヴァイセンボルン、チェンパ口をデューリンクに師事。
1977年1月、旧西ベルリンのメンデルスゾーン・コンクール、ピアノ・トリオ部門で第1位を受賞。同年ジュネーブ国際音楽コンクール、ピアノ・トリオ部門で1位なしの第2位、同時にスイス特別賞受賞。以後、ドイツ、スイスにおいて多くのコンサー卜を持つ。1980年より草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルに毎年参加。1991年より、チューリッヒ夏期マスター・コースでもヘフリガー、エーバーハルト・フィンケ両氏のピアノ伴奏を務める。内外のアーテイストとの共演者として、高い評価と信頼を得ている。
311支援チャリティコンサートには6回目からの登場。楽曲にまつわるトークは、解り易いとファンが激増中。

上島 緑 MIDORI KAMISIMA メゾ・ソプラノ

長野県松本市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒。同声会賞受賞。2014年同大学院修士課程独唱科修了。2015年若手オペラ歌手の登竜門と言われるイタリア・スポレート実験歌劇場研修所に東洋人初の給費生として合格し世界的な指揮者、歌い手よりヨーロッパで歌うための指導を受ける。
オペラでは「ウリッセの帰還」ペネロペ、「ポッペアの戴冠」フォルトゥーナ、「アルジェのイタリア女」イザベラ、「カプレーティ家とモンテッキ家」ロメオで出演。ヴェルディの「レクイエム」が初演されたミラノサンマルコ教会にてスカラ座天井桟敷友の会合唱団、オーケストラと共演。世界的歌い手ニヴァ・メイ女史よりモーツァルトの歌唱を高く評価され「イドメネオ」のイリアとイダマンテの二重唱で共演。現在、メトロポリタン歌劇場首席指揮者ファビル・ルイージ氏が音楽監督を務めるアカデミーに在籍。イタリア在住。

蕨市立文化ホール くるる

蕨市立文化ホール くるる

TEL 048-446-8311
FAX 048-446-8312

〒335-0004 蕨市中央1-23-8

午前9時~午後8時

休館日:年末年始(12/29~1/3)

kururu2@warabi.ne.jp

一般財団法人 蕨市施設管理公社
〒335-0004 埼玉県蕨市中央4-21-29 TEL / FAX 048-445-7660(午前9時~午後5時)

Copyright © 2018 Warabi Facilities Management Public Corporation